中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

MUSASHINO COLUMN

武蔵野コラム

2020/12/16 22:07

経営

ティーチングとコーチングの違いとは

社員教育の手段は、スキルやノウハウを相手に「教える」ティーチングだけではありません。

答えを教えるのではなく、質問や問いかけによって相手から答えを引き出すのが、コーチングと呼ばれる教育方法です。

ティーチングとコーチングの違いを知り、状況に応じて適切に使い分けることが、効果的な社員教育を実施するポイントです。

この記事では、ティーチングとコーチングの違いや使い分けの考え方について解説していきます。

 

ティーチングとコーチングは「教える」と「引き出す」の違い

社員教育の代表的な方法として、ティーチングとコーチングの2種類があります。

ティーチングは相手に答えを教える、コーチングは相手から答えを引き出すのが特徴です。

ティーチングとコーチングの違いを解説します。

ティーチングは答えを教えるための方法

ティーチングとは、英語の「教える(teaching)」という言葉通り、自分が持つ知識・スキル・ノウハウを相手に教える方法です。

ティーチングの具体例として、たとえば次のようなものがあります。

  • 新入社員研修の一環として、講師が基礎的なビジネスマナーを教える
  • 上司が部下のそばにつき、正しい仕事のやり方を教える
  • 仕事に使う機器やソフトウェアの使い方を教える

ティーチングは「教えたことをそのままやってもらう」のが基本です。

先生と生徒の関係性に近く、双方向なコミュニケーションではなく、一方的なコミュニケーションが生まれがちです。

ティーチングが向いているのは、社会人としての基本的な知識や、マニュアル化された仕事を学ぶ場合です。

ティーチングは新入社員研修や中途社員研修など、主に初期キャリアの教育課程に採用されます。

コーチングは答えを引き出すための方法

コーチングとは、相手に答えを教えるのではなく、質問や問いかけによって相手の答えを引き出す教育方法です。

コーチングの具体例として、たとえば次のようなものがあります。

  • 新入社員のフォローアップ面談を行い、キャリアプランを描いてもらう
  • 上司が部下と1on1のミーティングを開き、来季の目標を設定してもらう
  • 仕事の課題や解決策について質問し、自由に意見をいってもらう

コーチングの目標は、部下のやる気や自主性を引き出し、自分の頭で考えて答えを見つけてもらうことです。

上下関係に左右されず、対等で双方向的な関係性が生まれるのが特徴です。

コーチングが有効なのは、約束事やマニュアルが存在しない仕事や、新しいプロジェクトを任せる場合です。

将来のキャリアプランの形成など、従業員の自発的な成長を促したい場合にも役立ちます。

ティーチングとコーチングの5つの違い

ティーチングとコーチングの違いを5つの観点で比較してみましょう。

コーチングでは自分の頭で答えを考えてもらうため、相手の自主性が育ちます。

一方、ティーチングでは答えをそのまま教えるため、一方的なコミュニケーションが生まれがちで、

相手のモチベーションが低下するケースがあります。

コーチングとティーチングの特徴について知り、適切に使い分けることが大切です。

 

ティーチングとコーチングを使い分ける3つのポイント

ティーチングとコーチングの違いを理解したうえで、この2つをどのように使い分ければよいのでしょうか。

使い分けのポイントを3つ解説します。

1. 相手のスキルやノウハウが乏しい場合はまずティーチングから

入社したばかりの新入社員など、スキルやノウハウが乏しい相手の教育方法としては、コーチングよりもティーチングが有効です。

相手のスキルやノウハウが十分でなければ、コーチングによって答えを引き出すことはできません。

直属の上司やメンターがサポートにつき、正しい仕事のやり方を指導しましょう。

2. タスクの緊急性が高い場合もティーチングが有効

プロジェクトの期限が迫っているなど、タスクの緊急性が高い場合も、ティーチングの優先度が高まります。

ティーチングのメリットは、教えたことをそのままやってもらうため、教育スピードが早い点です。

プロジェクトの理解が深い人材が社内にいる場合は、教師役としてティーチングを依頼しましょう。

3. 目標設定やキャリア開発ならコーチングを

一方、新入社員のフォローアップ研修などで今後の目標設定を行う場合や、

若手社員のキャリア開発サポートを実施する場合は、ティーチングよりもコーチングが有効です。

新入社員一人ひとりが思い描く目標や、これから形成していくキャリアパスには、決まった答えがありません。

コーチングを通じて自主性を育み、自分自身の頭で考えてもらう必要があります。

双方向のコミュニケーションを心がけ、相手のやる気や成長意欲を刺激するようにコーチングしましょう。

 

社員教育において、ティーチングとコーチングの使い分けが重要

効果的な社内教育を実施するためには、ティーチングとコーチングの使い分けが大切です。

ティーチングとコーチングはどちらも優れた教育手段です。

従業員が持つスキルやノウハウ、従業員が取り組んでいるタスクの緊急性などを考慮し、

ティーチングとコーチングを使い分けましょう。

ティーチングとコーチングの併用こそが、社員の潜在能力を最大限に引き出すためのポイントです。

その他のカテゴリーOTHER CATEGORY

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT