中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2019/08/05 07:00

給料

赤字の会社も、黒字の会社も、給料はもらえます。
それは、お客様が払って下さるからです。

お客様の求めることに対して、
社員がサービスをしたり、
モノを作って販売したりした対価という結果。

ところが世の中には、
“賞与”がもらえる会社と、
もらえない会社があります。

その要因は、社長です。

給料は、
お客様が社員に払って下さいますが、
賞与は社長。

社長の経営手腕が悪いと、
社員に賞与は払えません。

「給料日は、お客様に感謝する日」

「賞与支給日は、社長に感謝する日」

です。

世の会社の社員、
さらには、経営者まで、それをわかっていません。
みんな「賞与をもらうのは当たり前」と思っていますが、
そのことをしっかり教えましょう。

わが社では、半分以上の社員が、
「社長が頑張って下さったから、僕らは賞与をもらえました。
ありがとうございます。」
と、私にお礼を言います。

様々なコラムで「賞与」のことを書くと、
一つくらいは必ず「昭和的な発想」とコメントをもらいます。
でも、それでいいのです。
「昭和的な発想」を気に入ってくれた人が、
わが社に入社しているのだから、問題はありません(笑)。

何時の時代に生まれても、
環境が人を育てるということを、
著書の中で紹介しています。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT