中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2019/07/15 07:00

企画

「企画要員」を募集すると、
たくさんの応募者が集ります。

でも、“売った人”でなければ、良い企画は作れないのです。

おもしろいことを体験したことのないヒトに、
楽しいプランニングはできません。

良い企画は、
たくさん売った経験のあるヒト、
一番売れているヒトが生み出すのが最善。

あるいは、売れているヒトを、
企画を生み出すチームに入れ、
その人にヒアリングをし、

「なぜ売れているか」

を客観的に見て、それを実行することです。

要するに、
「売れている」とは
「お客様が何を求めているかを知っている」
ということなのです。

私の本がなぜ売れているかというと、セミナー終了後に
「今後、どういうことを聴きたいですか?」
とコメントを書いていただき、
みなさんが「聴きたい」、「知りたい」ことだけを、
本に書いているからです。

私は、良い本を書くのが目的ではなく、

“世の中の社長や会社が良くなる”

ことを目的にして本を書いています。

お客様の知りたいこと、
お客様の欲求を実現するのが、企画です。
アタマだけでいろいろ考えることが企画ではありません。

「社長の鞄持ち」
という研修があることを、ご存知ですか?

これは文字通り、
「社長に一日張りついて、間近でその仕事ぶりを見学する」
というものです。

365日のうち、
私が丸一日会社にいるということはありません。
もし一日中会社に居たら、
社員が何事かあったのではないかと不安になる(笑)。

社長が、ずっと会社に居ない理由は、
様々な書籍で紹介しています。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT