中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2019/05/27 07:00

いつ止めるか

私が毎日忙しく働いていると、多くの人が
「休みの日まで仕事をしているのでは?」と思っています。

でも私は、結婚以来、日曜日は一度も仕事をしたことがありません。
社員の結婚式が日曜日になることはありますが……。

過去に、お客様の都合で何回か日曜日に仕事がありましたが、
今年はありません。

では、日曜日に私が何をしているかというと、

午前中は前日の残務処理とポストカードの宛名書き、
そして内定者に『仕事ができる人の心得』の
感想文を送るようにボイスメールを入れる。

などをしています。

午後からは、パチンコに行きます。

その時「今日は絶対勝つ!」と思って出かけます。
体調が充分でない日には、行きません。
なぜかというと、ガマンができないからです。

体調充分で出かける日には、
「勝って帰る」あるいは「いつ勝ち逃げをするか」
と、決めて行きますから中々負けません。

常に勝つことをイメージして出かけるのです。
行ってから、万が一
「今日は勝てそうもないなぁ」
と思ったらすぐやめて帰ってきます。

大切なのは(パチンコをやることではなく)
“いつやめるか”を決めることです。

だから、大負けをしません。

みんな、勝っていると
「もっと勝ちたい」と思い、
「どこでやめるか」を決めていないので、
気がついたら負けていたということになります。
引き際が大切です。

“勝つことを夢見る”そして“いつやめるかを決める”。
そうすればいつも“損をしないで遊んでいられる”のです。

大きく勝つ必要はないし、トータルで遊べれば良いのです。
それが“一番の儲け”なのです。

ギャンブルと違って、会社の儲けの責任は大きい。
だからこそ、社長はお金の流れを把握しておくことが大切です。

見解による数字で満足せず、現金による現実を見てください。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT