小山昇の実践社員塾

一般社員が変われば、会社が変わる!一般社員の意識改革を行い、実践力を養成するプログラムです。
一般社員が抱えるさまざまな問題こそ、経営者にとって最大の障壁です。部下の指導力、ビジネススキルの両面を強化します。

小山昇の実践社員塾 人気の秘密

ポイント1

体を使い、
実践を通して理解

「実践! 環境整備実技」や「実践! 名刺交換」など、文字通り、受講生には必ずご自身の体を使って体験をしてもらいます。なぜ社長が「武蔵野」で学ぶのかを、実践を通して理解します。

ポイント2

少人数制で
きめ細かく指導

1開催40名の少人数制により、講師が一人ひとりの受講生に目を配りながら、きめ細かく指導します。また、受講生同士で仲間意識が高まり、異業種の方とも人脈を築くことができます。

ポイント3

新入社員・中途採用の
新人に最適

「社会人としての基本的なマナーの習得」や「社員はどうあるべきか」といった基本的な内容を分かりやすくお伝えします。自社で新人研修の実施が難しい企業の社長は、ぜひご検討ください。

動画で見る実践社員塾

実践社員塾 参加者の声

藤井興発株式会社 代表取締役 藤井 康弘 様

社員が素直になりました。

職責上位から順番に、ほぼ全員の指導員を参加させています。滝石さんの講義が最高で、うちの業界にぴったりマッチしています。仕事柄、滝石さんみたいな人に厳しい口調でハッキリ言われたことがないので、それでまずみんな素直になる。また、先に社員塾に参加した先輩が、後輩を指導する文化ができました。
一番大きな進歩は、社員が感謝を口にするようになったことです。以前は帰ってきても憮然としていたんですが、今では「行かせてくれてありがとうございました」と言ってくるようになりました。最初は形だけですが、全員が同じ経験をすることで徐々に会社の文化になってきています。経営者としてこれは嬉しいですね。

藤井興発株式会社 課長 丸山 典生 様

滝石さんの言葉で目が覚めました。

3年前に私が一番最初に参加しましたが、第1講の一番最初の「嫌だったら辞めて違う会社に行け」という滝石さんの言葉で目が覚めました。
私はやりたい放題、上司の言うことも聞かない社員でしたが、逆の立場で考えたときに何も言い返せないな…とスッと腑に落ち、心を入れ替えて頑張ってみようと思えました。また、講義で言われることが毎回同じなのが大きいですね。まだ当時は会社がバラバラだったので、後輩に指示するのではなく、とにかく自分が学んできたことを実践しました。後から後輩たちも社員塾で同じことを言われて帰ってくると、行動で伝わるようになる。そこからちょっとずつ会社が変わっていきました。