中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

MUSASHINO COLUMN

武蔵野コラム

2021/01/14 20:56

経営

エンパワーメントとは

新たなテクノロジーの登場や、グローバリズムの進展により、

日本のビジネスシーンでも変化に強い組織づくりが求められるようになりました。

組織のポテンシャルを最大限に活かす施策が「エンパワーメント」です。

日本語では「能力開花」「権限移譲」といい、主に人事マネジメントの分野で注目を集めています。

この記事では、エンパワーメントの意味や重要性、実施にあたってのポイントについて解説していきます。

 

エンパワーメントとは?現場への権限移譲で組織を活性化させる

エンパワーメント(Empowerment)とは、個人や集団が持つ潜在能力を開花させるための取り組みです。

日本のビジネスシーンでは、「権限移譲」とも呼ばれます。

権限移譲とは、企業のトップの業務の一部を現場に移譲し、部下の自発的な判断や意思決定を促すことです。

権限移譲を行うことで、社員1人ひとりの自主性が生まれ、本来持っているパフォーマンスを引き出すことができます。

エンパワーメントという言葉が生まれたのは、1950年代から1960年代にかけて公民権運動が起こったアメリカです。

法の下の平等を求め、抑圧された弱者(powerless)の社会的地位の向上を果たす(empowerment)という意味で、

エンパワーメントという言葉が使われました。

エンパワーメントは多義的な意味を持つ言葉ですが、国内外のビジネスシーンにおいても、

人々の本来のポテンシャルを引き出すという意味は同じです。

現場の社員に業務の一部を委ね、潜在能力を開花させることが、モチベーションの高い活発な組織づくりにつながります。

エンパワーメントが必要な3つの理由

いま、エンパワーメントの重要性が再評価されている理由は次の3点です。

・以前よりも経営判断のスピードが求められるようになった
・戦略実行において、リーダーシップのある人材の重要性が増した
・労働市場が活発化したため、自社でリーダーを育てる必要がある

日本のビジネスシーンでは、以前よりもスピーディーな意思決定が求められるようになりました。

たとえば、AI、IoT、クラウド、ビッグデータなど、新たなテクノロジーを導入する企業が増え、

次々と新たな製品・サービスが登場しています。

市場や顧客ニーズの変化にすばやく対応し、社内の意思決定のスピードを高めるには、現場のリーダーシップが欠かせません。

エンパワーメントにより、現場への権限移譲を進めることで、部下のリーダーシップを効果的に育てることができます。

労働市場の活発化により、以前よりも優れたリーダー人材の確保が困難になっているなかで、

自前でリーダーを育てられるという利点もあります。

 

エンパワーメントの効果を高める2つのポイント

ただ現場への権限移譲を進めるだけでは、部下のポテンシャルを引き出し、組織を活性化させるという

エンパワーメント本来のメリットを引き出せません。

エンパワーメントの効果を最大化するため、次の2つの働きかけを行いましょう。

ストレッチ目標(ストレッチゴール)を現場に課す

ストレッチ目標(ストレッチゴール)とは、一筋縄ではクリアできず、目標達成のためには「背伸び」が必要な目標を意味します。

体を伸ばして可動域を広げるストレッチと同様、一見達成が困難そうな努力目標を課すことで、

部下のポテンシャルを効果的に引き出すことが可能です。

漠然と業務の一部を現場に任せるのではなく、部下の能力に合わせたストレッチゴールを課しましょう。

4つの内発的動機づけで心理的エネルギーを高める

ただ努力目標を課すだけでは、部下のやる気をうまく引き出せません。

部下の内面に働きかける「内発的動機づけ」によって、部下のやる気を高め、

1人ひとりが持つ本来のパフォーマンスを引き出すことが可能になります。

・自己効力感(コンピテンス):部下に「やればできる」と思わせる
・影響感          :部下の仕事の成果が、企業の目標や理念に影響すると思わせる
・有意味感         :部下の目標達成が、会社にとってお大きな意味を持つと思わせる
・自己決定感        :他者の強制ではなく、部下が自分自身の意思でやっていると思わせる

エンパワーメント本来のメリットを活かすには、この4つの内発的動機づけにより、

部下のやる気やモチベーションを高める必要があります。

活性化した組織を生み出すには、社員1人ひとりに当事者意識を持たせることが大切です。

まずは内発的動機づけを行い、部下の心理的エネルギーを高めましょう。

 

エンパワーメント(権限移譲)を進め、組織活性化に取り組もう

経営判断のスピードを高めるには、エンパワーメント(権限移譲)を進め、現場の力を活かす必要があります。

「背伸び」が必要なストレッチ目標の設定や、内発的動機づけを行うことで、部下のポテンシャルを効果的に引き出すことが可能です。

エンパワーメントを実施した組織は、社員1人ひとりが当事者意識を持ち、自分の頭で考えて行動することができます。

組織活性化に向けて、エンパワーメントに取り組みましょう。

その他のカテゴリーOTHER CATEGORY

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT