中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

MUSASHINO COLUMN

武蔵野コラム

2021/01/15 21:59

経営

ダイアローグとは

「社内の雰囲気が暗い」「会議で質問や意見がほとんどない」など、コミュニケーション不全が企業の課題となっています。

社内コミュニケーションを活発化するには、従来の雑談や議論(ディスカッション)では不十分です。

お互いの意見を戦わせるのではなく、お互いの意見に共感していく「対話(ダイアローグ)」を取り入れ、

コミュニケーション不全を解消しましょう。

この記事では、ダイアローグの必要性やテクニックについてわかりやすく解説していきます。

 

ダイアローグとは?雑談でも議論でもない相互理解の形

ダイアローグ(対話:Dialogue)とは、組織内の相互理解を推進し、お互いの考えやアイデアを深めるための

コミュニケーションの方法です。メール、ソーシャルメディア、コミュニケーションアプリ、Web会議システムなど、

コミュニケーションに関するテクノロジーの進歩により、以前よりも組織内の意思疎通が簡単になりました。

しかし、依然として組織内のコミュニケーション不全に悩む企業が散見されます。

コミュニケーションの技術が発達しても、相互理解のアプローチが変わらない限り、コミュニケーション不全の問題は解決しません。

社内コミュニケーションには、雑談・議論(ディスカッション)・対話(ダイアローグ)の3種類があります。

社内コミュニケーションを活発化させるためには、雑談でも議論でもない「ダイアローグ」を取り入れるのが効果的です。

雑談    :会話やおしゃべりのような単なる情報交換
議論    :お互いの論を戦わせ、もっとも優れた意見を選ぶ
対話    :お互いの考えやアイデアに共感し、相互理解を深めていく

ダイアローグは議論と違い、必ずしも1つの結論を導き出すことが目的ではありません。

ダイアローグは議論の結果よりも、お互いの考えや意見に共感し、相互理解を深めていくプロセスに重きを置いています。

相互理解を深めた結果、思ってもみなかったような第三の解決策や、新たなビジネス課題の発見につながることもあります。

性急に結論を導き出す必要がない場合は、ディスカッションではなくダイアローグを行い、

社員同士の相互理解を深めていくことが大切です。

一方、意思決定のスピードが求められる場面や、組織内での合意形成が必要な場面では、

ディスカッション形式のコミュニケーションが効果的です。

時と場合に合わせ、ダイアローグとディスカッションを使い分ける必要があります。

 

ダイアローグの効果的な実践方法2つ

多くの企業が取り入れているディスカッションと違い、ダイアローグはあまり浸透していません。

これから会議やミーティングにダイアローグのテクニックを取り入れる場合は、次の2つのポイントに注意しましょう。

「ファシリテーター」を立てよう

ファシリテーターとは、会議に中立的な立場で加わり、参加者のコミュニケーションの潤滑油の役割を果たす人のことです。

ファシリテーターは議事進行に徹する司会役ではありません。

ファシリテーター自身が意見をいうことはあまりありませんが、参加者の発言を促したり、

議論の流れをコントロールしたり、会議にある程度コミットするのが特徴です。

ダイアローグを取り入れる場合は、ダイアローグ経験者をファシリテーターに立て、

「ダイアローグではなくディスカッションになっていないか」をチェックしてもらいましょう。

ディスカッションにならないようコントロールしてもらうことで、よりダイアローグが深まります。

「アイメッセージ」を意識しよう

ダイアローグの基本原則が「アイメッセージ」です。

アイメッセージとは、自分の意見に「主語(I:アイ)」をつけ、断定的に聞こえないようにするテクニックです。

とくに経営者やマネージャーなどが参加するダイアローグでは、立場上意見が高圧的に聞こえてしまい、

双方向的なコミュニケーションが成立しないケースがあります。

「○○はおかしい」「○○はやめよう」ではなく、「わたし(I)はこう思う」「わたし(I)はこうだと助かる」と

自分の意見に主語をつけましょう。

断定的・攻撃的な印象がなくなり、コミュニケーションが活発化します。

部署や役職を問わず、全員が平等に発言できる雰囲気づくりが大切です。

 

ダイアローグを取り入れ、社内コミュニケーションの活発化を

コミュニケーション不全を解消するため、社員同士の相互理解を深める「ダイアローグ」のテクニックを取り入れましょう。

これまでディスカッション方式で会議やミーティングを行ってきた企業も、ファシリテーターの活用や、

アイメッセージの徹底により、スムーズにダイアローグを取り入れられます。

ダイアローグの手法を導入し、お互いの考えや意見に共感できる組織風土を築きましょう。

その他のカテゴリーOTHER CATEGORY

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT