中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

MUSASHINO COLUMN

武蔵野コラム

2021/10/11 10:54

経営

アプリシエイティブ・インクワイアリーとは【人材開発/組織活性化】

社会や市場の環境が目まぐるしく変化する昨今においては、

どのような状況においても確実に成果を上げることができる仕組みを生み出すことの重要性が、これまで以上に高まっています。

そういった際に必要となる手法のひとつに、「アプリシエイティブ・インクワイアリー」があります。

本記事では、アプリシエイティブ・インクワイアリーとは何か、

アプリシエイティブ・インクワイアリーが必要とされている背景などについて、説明します。

 

アプリシエイティブ・インクワイアリーとは成果をあげる仕組みを生み出すためのプロセス

アプリシエイティブ・インクワイアリーとは、アメリカで生み出された人材開発や組織活性化に関するアプローチの一種です。

アプリシエイティブ(Appreciative)は「真価が分かる」「価値を認める」という意味であり、

インクワイアリー(Inquiry)は「探求」「質問」といった意味を持ちます。

 

つまり、前向きな問いや探求によって、個人や組織の強みや真価・成功要因を見出し、

認め、それらを最大限に活かしてもっとも効果的に成果を上げることができる仕組みを生み出すための、プロセスのことを指します。

 

アプリシエイティブ・インクワイアリーが必要とされている背景

最近は環境や市場の変化が激しく、複雑性も増してきています。

そのような状況の中で組織が成長していくためには、組織を有機的にとらえることが重要です。

有機的な組織は環境の変化に合わせて、自律的に問題解決を行い、方向修正できる力を持っていますが、

組織を有機的なものとしてとらえるために欠かせないのが、アプリシエイティブ・インクワイアリーなのです。

 

アプリシエイティブ・インクワイアリーの4つのプロセス

アプリシエイティブ・インクワイアリーのプロセスは、それぞれのフェーズの頭文字を取って、「4-Dプロセス」と呼ばれます。

4-Dプロセスの具体的な中身は、以下の通りです。

  • 発見(Discover)
  • 夢(Dream)
  • 設計(Design)
  • 実行(Destiny)

それぞれのフェーズについて、説明します。

1. 発見(Discover)ではトピックについて決める

発見(Discover)フェーズでは、最初にどんなトピックについて話し合うのかを決めますが、

このとき決められたトピックのことを「アファーマティブ・トピック」と言います。

アファーマティブ・トピックに関することで、これまででもっとも最高だと感じたことや、どんな気持ちになるか、といったことを話し合います。

5~10人程度でグループを作り、アファーマティブ・トピックに関する内容を、グループ内で共有します。

2. 夢(Dream)では組織が目標を達成した姿を創る

夢(Dream)フェーズでは、発見(Discover)フェーズで共有した内容にもとづいて、組織の「夢や目標が実現した姿」を創ります。

ここで創られた姿はグループごとに発表を行いますが、絵で表現したり劇仕立てで表現したりして、見る人の印象に残るようにすることが重要です。

3. 設計(Design)では「夢」の実現を考える

設計(Design)フェーズでは、夢(Dream)フェーズで創った姿をどのように実現するのかを考えます。

最終的にどのようにデザインするのかを文章にてまとめますが、

このときの文章のことを「プロポカティブ・プロポジション(刺激的な声明文)」と言います。

4.実行(Destiny)では「設計」でまとめたデザインを実行

実行(Destiny)フェーズでは、設計(Design)フェーズでまとめられたデザインを実行します。

進め方に特に決まりはないので、それぞれの組織に適した方法で進めていきましょう。

 

アプリシエイティブ・インクワイアリーがもたらすメリット

アプリシエイティブ・インクワイアリーは従来の組織改革と異なり、ポジティブな変革を目指します。

そのため、アプリシエイティブ・インクワイアリーを実行することで企業・組織内で互いの長所を発見できるようになり、

関係性や風通しが良好になります。

アプリシエイティブ・インクワイアリーには具体性が必要

アプリシエイティブ・インクワイアリーは組織をポジティブに改革するために、互いの長所を見つけ合うことが大切です。

ですが、褒め合うのみで実現不可能な理想を掲げていては、アプリシエイティブ・インクワイアリーのメリットを享受するうえでは、

現在の組織で実現可能な理想を目標とすることが大切です。

 

アプリシエイティブ・インクワイアリーは組織力を強化するために非常に重要

昨今の情勢の中で、組織を有機的なものとしてとらえて変化に柔軟に対応していくために、アプリシエイティブ・インクワイアリーは欠かせないものです。

4-Dプロセスを経て、アプリシエイティブ・インクワイアリーを実行しましょう。

その他のカテゴリーOTHER CATEGORY

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT