2018.07.13

銀行との信用の築き方【3】

経営改善コラム

20171222 - コピー

●銀行との付き合い方

友人の社長が「俺は銀行に業績報告などしない。○○銀行の支店長と毎月をしている。俺が借入の申込をするとすぐにお金をだしてくれる。」と豪語していました。

しかしある日、その支店長が別の支店に異動となり、資金繰りができなくなり彼の会社は倒産しました。
これは実話です。
私は、金融機関の支店長とゴルフに行ったり、酒席を設けたりはしません。
(正確には銀行側で酒席を設けて戴いたときに参加したことはありますが。)

あることを実施しています。

この事は申し訳ありませんが公開できません。
なぜなら、このノウハウを読者の皆さんが実施してしまうと、大変なことになってしまうからです。

ただ、理解いただきたいことは、支店長は定期的に変わるということ。
支店長交代の際には当然引継ぎをします、この引継ぎのときがポイントなのです。
自社のことをいかに、支店長が話をしてもらえるか。
人間の心理をついた泥臭いことを実施するかどうかで潰れない会社づくりができるのではないでしょうか。

最後に中小企業は銀行に引き上げられたら即潰れてしまいます。いかに潰れない会社をつくるか。
だから「良いときも、悪いときも報告をして信用を築きあげていくことが大切なのでは」と、今までの体験から痛感しています。

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)