2018.07.10

銀行との信用の築き方【2】

経営改善コラム

2018-04-21_017

銀行との信用の築き方【2】

 

●銀行訪問をする

私は、毎月15日〜20日に取引金融機関を訪問して、我が社の業績報告をします。

加えて、今は課長職以上の人も順番に同行します。

 

経営計画発表会で取引金融機関に渡してある経営計画書に訪問時同行の役員、又は経理部長が読み上げて毎月の数字を銀行の担当者の方に記入をして戴くのです。

 

銀行訪問は毎月、同行者を変えて訪問しています。

 

 

黒字の月はそのまま報告をし、赤字の月は「いつ黒字に転換できるか」を話し、現状と今後について毎月報告をします。

A行・B行・C行と1行あたり約20分間を決めています。それ以上長くならないようにしています。

また、3行とも同じ話をしますが3回すると、各金融機関の反応が微妙に違うのがわかります。

A行は、いまは貸し出しに対して非常にからい、C行は貸したがっているとか。

 

融資依頼の件で、金融機関を訪問された方は当然ご存知と思いますが、金融機関は2名で相手をします。

1人が話の相手をして、1人が重要な点をメモします。

「あなたが話したことは全部記録に残っている」と思って下さい。

私は記録をされていることを知っているので、毎月の現状報告では本当のことしか言いません。

一度、嘘をつくと、そのあとが大変だからです。

 

しかし、この毎月銀行訪問をして良いときも、悪いときも正しい報告をしているために銀行からの信用はすごいものがあります。そのことが、結果として中小企業では珍しい、個人保証が無い借入が可能になっているのです。

 

業績の良い経営者の方より、こんな話を聞きます。

「銀行訪問をしなくても、先方より借りて欲しいとしつこいくらいきます。何故、わざわざ訪問をするのですか?」

会社というものは、良いときもあるし、悪いときもある。

悪くなったときに銀行に「貸して下さい」と話をしたときに、対応がどうか?

 

…考えてみて下さい。

 

私は明日倒産という体験もして、どんな状況でも会社が潰れないために普通の人から見ると無駄と思うような、危機管理の仕組みをつくっているのです。

 

銀行訪問は毎月、同行者を変えて訪問しています。

役員の3名・経理部長が順番で同行します。

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)