2018.06.12

新人に一番近い人が教育係に適任です

経営改善コラム

IMG_1059

経営者の心理として、新入社員にはより早く成長してほしいと思い、ついベテラン社員を教育係につけていませんか?

気持ちは分かりますが、そのやり方はオススメできません。

技術の差が開きすぎると、何に困っているのかベテラン社員には理解が出来ませんし、新入社員はベテラン社員の言っていることが分かりません。

 

新入社員が壁にぶち当たった時、一番その気持ちが分かるのは1,2年前に入社した先輩社員です。

一年前自分がどこでつまづいたのか、まだ記憶に新しいので、どうすれば解決できるのかを教えることができます。

 

高度な教育を受けるより、新人のレベルにあった教育係をつけた方が実は早く成長できるのです。

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)