2018.03.30

最高の福利厚生

経営改善コラム

IMG_6131

退職金という一時金をもらうより、定年後も働ける会社にするほうが社員は喜ぶ。

これが私の持論です。

 

具体例を挙げます。

60歳で退職金1,000万円もらったとして、そこから収入が年金だけになったら、

2年か3年くらいでその退職金を切り崩し始めます。

武蔵野では退職金がない代わりに、定年後も働ける環境を作っています。

定年後に半分の給料で働いたとしても3年もすれば退職金を上回ります。

 

やることが無くてボンヤリ老け込んでいくよりも、

朝起きてやることがあることのほうが、幸せで末永く健康に過ごせるでしょう。

 

会社が社員にできる最高の福利厚生は、定年退職後も再雇用してあげることです。

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)