2018.04.03

名刺交換は一回で済ませるものではありません

経営改善コラム

IMG_2702 (1)

今年もわが社には26人もの新入社員が入社しました。

社会人に成り立ての頃は、名刺交換の数が少ないのでお名前を覚えられますが、多いときで一日に250枚も名刺をいただく私は、一枚一枚お名前を覚えているわけにはいきません。

というより、名前を覚えることは不可能です。

 

どの会社でも職責が上の人ほど、人の名前は覚えていません。

だから、何度も何度も名刺を渡す必要があるのです。

 

お中元・お歳暮にお客様にご挨拶に伺うとき、私は必ず名刺を置いてきます。

何度も伺っているお客様にも、必ず毎回です。

 

普段からそのお客様に伺っている担当者の名刺も、必ず一緒に置いてきます。

受付の方や窓口の方が対応される場合でも、「季節のご挨拶に伺いました。上司の方にお渡し下さい」と、名刺を必ず、毎回置いて来ます。

 

機会あるごと、事あるごとに何回も名刺をばら撒くことが正しいのです。

お客様が必要と思ったとき、すぐに武蔵野の名刺を見てもらえる状況にしておくことが大切なのです。

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)