2018.03.16

時間も逆算

経営改善コラム

IMG_0985

日々、「残業削減!」「早帰り!」と声高らかに部下に言うのも分かりますが、

最近では「早く帰れ」と強制することを「ジタハラ」と呼ぶそうですね。

「時短ハラスメント」といって、具体的な対策も取らずに退社を強制する、

ハラスメントの一種だとか。

「残業ゼロ」にも、部下の賛同を得るための努力が必要です。

 

 

ある会社で部署の飲み会を早い時間に設定する、という工夫をしています。

「明日の飲み会は17:30から乾杯します」と事前に告知しておくと、

みんなその時間に間に合わせる為に、どのように仕事を片付けるべきか、

時間の逆算をしながら考えます。

 

限られた時間で最大限効果的に使い、集中して仕事をします。

ダラダラ仕事に慣れている人は、終わりの時間を決められないのです。

 

たとえ「早くお酒が飲みたい!」という不純な動機であっても、

時間の逆算のやり方が身に付けばいいのです。

 

ただし注意しなくてはいけません。

飲み会では上司のお説教や武勇伝を語るのは禁止です。

自分の失敗談を話したり、部下の悩みを聞いたり、楽しくお酒を交わすことが大前提。

みんながまた飲み会に行きたいな、と思える雰囲気を作ることが大前提ですよ。

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)