• 経営サポートTOP
  • 武蔵野の強み
  • 武蔵野について
  • サービス紹介
  • メディア
総合お問い合わせ
総合お問い合わせ
資料・小冊子を請求する
  • 現地見学会の詳細を見る
  • KMC会員申込み

経営改善コラム 経営改善コラム

2018.01.19

仲が良すぎるのも考えものです

20160413110927

上司の方が部下より年下の場合、気を遣って部下に迎合したりします。

若い管理職が、自分より年上の人に配慮をすることは大切ですが、仕事で遠慮をしてはいけません。

 

組織は、仲良くするためにあるのではなく、みんなで力を合わせて成果を上げるためにあります。

お互いに与えられたポジションを守り、目的に向かってがんばっていくことが大切なのです。

 

上司と部下がお友達感覚で仲が良くても、仕事がうまくいくわけではありません。

仲を悪くする必要はありませんが、馴れ馴れしいのはダメです。

馴れ馴れしくなっていたら、すぐ人事異動をします。

仲が良すぎて二人がナァナァになってしまうと、実はお互いに仕事がやりにくいからです。

 

ですから私は、いつも注意をして見ています。

現場をわからない社長には、こういう配慮はありません。

 

友達であることと、上司と部下であることは、別の話です。

そうでないとお互いが不幸になる。

ダメになることはあっても、良いことはないのです。

成功する会社の「仕組み」を学びたい方へ「小山昇式教育ツール」
資料・小冊子を請求する
登録する

■アドレス変更をご希望の方へ■
こちらからログインし、「会員詳細情報」より変更してください。

ページトップに戻る

会員向けコンテンツはこちら

ページトップに戻る