• 経営サポートTOP
  • 武蔵野の強み
  • 武蔵野について
  • サービス紹介
  • メディア
総合お問い合わせ
総合お問い合わせ
資料・小冊子を請求する
  • 現地見学会の詳細を見る
  • KMC会員申込み

経営改善コラム 経営改善コラム

2017.07.28

社長ならITツールを複数持ち歩きなさい【2】

16602926_1420191451371117_4266932700563404104_n

前回は、ITツールの複数持ちについての理由にリスク管理を挙げました。

複数台を持ち歩く理由は、もう一つあります。

それは、仕事を効率的にこなすためです。

 

ITツールは、それぞれに向き不向きがあります。

携帯電話は音声通話に強みがあります。

スマートフォンでも通話は可能ですが、スマートフォンで電話するとあっという間にバッテリーが切れてしまう。

スマートフォンは携帯電話より画面が見やすく、視覚情報を処理するのに向いている。

タブレットはスマートフォンよりも画面が大きく、書類サイズのデータを扱うときに便利です。

 

さまざまな機能を一台に詰め込むと、設計上の制約を受けてどの機能も中途半端になりがちです。

ツールが80点だと、自分の能力が100点でも力は80点までしか発揮できません。

その結果、仕事の能率が落ちて、処理が滞ってしまうわけです。

 

それぞれの長所をつまみ食いすれば、ツールに足を引っ張られることなく最高の状態で仕事ができます。

成功する会社の「仕組み」を学びたい方へ「小山昇式教育ツール」
資料・小冊子を請求する
登録する

■アドレス変更をご希望の方へ■
こちらからログインし、「会員詳細情報」より変更してください。

ページトップに戻る

会員向けコンテンツはこちら

ページトップに戻る