• 経営サポートTOP
  • 武蔵野の強み
  • 武蔵野について
  • サービス紹介
  • メディア
総合お問い合わせ
総合お問い合わせ
資料・小冊子を請求する
  • 現地見学会の詳細を見る
  • KMC会員申込み

経営改善コラム 経営改善コラム

2017.07.14

部下の成長は上司次第

IMG_5313

私は上司に「生殺与奪権」を与えています。

 

ダメな上司は、部下に「差」をつけたがりません。

部下が3人いたとしたら、3人とも「B評価」にする。

そのほうがラクですし、差をつけると部下に嫌われるからです。

 

反対に、優秀な上司はB評価の部下をC評価に落とします。

「C評価に落とす」ことが、部下を成長させるきっかけになることを知っているからです。

「ずっとB評価」の社員は、成長しません。

 

採用部長のAさんは、たった1点の差でC評価になったことがあります。

このとき、Aさんは悔し涙を流した。

その悔しさを原動力にして頑張り、その結果、部長になった。

C評価を取っていなければ、Aさんは部長になっていなかったでしょう。

 

上司から「この人を上げてください」という申請がないと、3つの要件を満たしても、上の等級には上げません。

つまり、「部下を生かすも殺すも、上司次第」です。

 

会社は、団体戦。

個人のわがままを許しては戦いに勝てない。

ですから、上司の言うことをきかない部下は、昇格できないのが正しいのです。

成功する会社の「仕組み」を学びたい方へ「小山昇式教育ツール」
資料・小冊子を請求する
登録する

■アドレス変更をご希望の方へ■
こちらからログインし、「会員詳細情報」より変更してください。

ページトップに戻る

会員向けコンテンツはこちら

ページトップに戻る