• 経営サポートTOP
  • 武蔵野の強み
  • 武蔵野について
  • サービス紹介
  • メディア
総合お問い合わせ
総合お問い合わせ
資料・小冊子を請求する
  • 現地見学会の詳細を見る
  • KMC会員申込み

経営改善コラム 経営改善コラム

2017.05.30

社員によって指示の出し方を変える

20160425_085

一律に釘を打ち付けるように、社員の誰に対しても同じように指示を出しているうちは、人は動きません。

人は、釘を打たれるように正論をぶつけられると、たとえその内容が正しかったとしても、へそを曲げたくなってしまいます。それが、人間の避けられない心理です。

 

では、指示通り実行させるにはどうすればいいのでしょうか。 それは、「部下の希望を聞くこと」です。社員には、次のような言葉を投げかければいい。

 

「きみは、この会社でどうなりたいのか?」

 

すると社員は自分の希望を口にします。

部下が「どうなりたいのか」を明らかにしたら、次は部下にデタラメでもいいので、「高い計画(目標)」を立てさせます。

すると、どうなるか。目標が高いので、ほぼ間違いなく、目標未達になります。

でも、それでいいのです。社員は「目標未達」という現実に直面して、はじめて素直になるからです。

そして、上司にアドバイスを求めます。

 

「目標を達成するには、どうしたらいいですか?」

 

部下から「どうすればいいですか?」と聞いてくるように仕向けるのが、上司の腕の見せどころなのです。

成功する会社の「仕組み」を学びたい方へ「小山昇式教育ツール」
資料・小冊子を請求する
登録する

■アドレス変更をご希望の方へ■
こちらからログインし、「会員詳細情報」より変更してください。

ページトップに戻る

会員向けコンテンツはこちら

ページトップに戻る