2017.05.30

社員によって指示の出し方を変える

経営改善コラム

20160425_085

一律に釘を打ち付けるように、社員の誰に対しても同じように指示を出しているうちは、人は動きません。

人は、釘を打たれるように正論をぶつけられると、たとえその内容が正しかったとしても、へそを曲げたくなってしまいます。それが、人間の避けられない心理です。

 

では、指示通り実行させるにはどうすればいいのでしょうか。 それは、「部下の希望を聞くこと」です。社員には、次のような言葉を投げかければいい。

 

「きみは、この会社でどうなりたいのか?」

 

すると社員は自分の希望を口にします。

部下が「どうなりたいのか」を明らかにしたら、次は部下にデタラメでもいいので、「高い計画(目標)」を立てさせます。

すると、どうなるか。目標が高いので、ほぼ間違いなく、目標未達になります。

でも、それでいいのです。社員は「目標未達」という現実に直面して、はじめて素直になるからです。

そして、上司にアドバイスを求めます。

 

「目標を達成するには、どうしたらいいですか?」

 

部下から「どうすればいいですか?」と聞いてくるように仕向けるのが、上司の腕の見せどころなのです。

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)