• 経営サポートTOP
  • 武蔵野の強み
  • 武蔵野について
  • サービス紹介
  • メディア
総合お問い合わせ
総合お問い合わせ
資料・小冊子を請求する
  • 現地見学会の詳細を見る
  • KMC会員申込み

経営改善コラム 経営改善コラム

2017.07.11

名前は覚えてもらうためのものです。

RIMG0135

ダスキンの創業者・鈴木清一は、商品名には非常にこだわっていました。

トイレの香りについては「良い香り」。

浄水器は「おいしい水」。

長すぎると覚えられない、由来が立派でもお客様にはあまり意味のない事です。

大切なのはお客様が憶えやすい、愛着がわく商品名を付けることがです。

 

今、わが社には経営サポート事業部があります。

なぜ「サポート」かというと「サ行」が、非常にヒットすることを聞いたからです。

 

当初は「経営支援」などという案も出ていたのですが、「サ行」にこだわっていた私は、納得しなかった。

そんな中、社員研修の応援に小田原に行った際、帰りに乗ったのが「特急サポート」。

そこで「あっ!」となり「経営サポート」という名前になったのです。

 

つまり、武蔵野の「経営サポート」という商品名は、小田急線の特急列車の名前からきていることになります。

 

そのくらい私は、名前にこだわっていたのです。

 

会社名や商品名は、お客様が覚えやすく、感じのよいものがよい。

つくる側の意味を名に入れても、役に立たないし覚えてもらえないものなのです。

成功する会社の「仕組み」を学びたい方へ「小山昇式教育ツール」
資料・小冊子を請求する
登録する

■アドレス変更をご希望の方へ■
こちらからログインし、「会員詳細情報」より変更してください。

ページトップに戻る

会員向けコンテンツはこちら

ページトップに戻る