• 経営サポートTOP
  • 武蔵野の強み
  • 武蔵野について
  • サービス紹介
  • メディア
総合お問い合わせ
総合お問い合わせ
資料・小冊子を請求する
  • 現地見学会の詳細を見る
  • KMC会員申込み

経営改善コラム 経営改善コラム

2017.09.12

余裕がない時にチャレンジをするな!

IMG_0887

仕事が遅れたりすると、もっと良い方法がないか?と、いままで体験した事がない事をやろうとします。

 

新しい事をする時、体験がないから失敗する確率は非常に高いです。

やるなら余裕のある時でなければいけません。

これは、会社も同じ。

 

業績が悪くなった時の新規事業もダメです。

新規事業は、業績の良い時に立ち上げなければいけません。

 

遊びもそうです。

お金がない時にパチンコをやるとだいたい負けます。

お金をたくさん持っている時にパチンコをやると、余裕があるから勝ちます。

それは考える次元が違うからです。

 

常に余裕を持ってやる、あるいは、余裕のある時に新しいことにチャレンジすることが大切です。

 

お客様のところに行く際、時間ギリギリになってしまったからと近道を行こうとする。

そういう時は大抵、行き止まりなど、変な道に迷い込んだりしてしまうのです。

 

ですから、急いでいる時ほど絶対に、いつもと同じ道を行かなければなりません。

でも、時間があるときは、新しいことにチャレンジして良いのです。

暇な時に調査をする。

 

私は、時間があると新しい道に行ってみます。

「そうか、こうなっているのか!」と確認したら、地図を見ます。

歩いた後、車で走った後、私は必ず地図で確認をしています。

 

みなさんは地図を見ないから、いつも走る道の隣に一方通行の道があるのを知らないのです。

一方通行の道を走れる人は、仕事ができる人です。

 

一方通行は、行きは良いけど帰れないという面倒臭さがあるので利用しない人が多いですが、常日頃から一方通行を走るクセをつけておけば、いつでも早く走り、早く目的地に着く事ができるのです。

成功する会社の「仕組み」を学びたい方へ「小山昇式教育ツール」
資料・小冊子を請求する
登録する

■アドレス変更をご希望の方へ■
こちらからログインし、「会員詳細情報」より変更してください。

ページトップに戻る

会員向けコンテンツはこちら

ページトップに戻る