• 経営サポートTOP
  • 武蔵野の強み
  • 武蔵野について
  • サービス紹介
  • メディア
総合お問い合わせ
総合お問い合わせ
資料・小冊子を請求する
  • 現地見学会の詳細を見る
  • KMC会員申込み

経営改善コラム 経営改善コラム

2017.06.05

チャンスは平等に、成績は頑張った分だけ差をつける

run

「公平」とは、「一部だけに手厚くしない、偏らない」ことではありません。

その逆です。

 

「公平」とは、「差をつけてあげる」ことです。

 

わが社では、「すべての社員にチャンスを与え、成績によって差をつける。学歴による差別はしない」 が評価の基本方針です。

中途入社も新卒も、まったく同じ条件で働くことができます。男女による差別もない。

だから、公平。

 

年齢、性別、学歴にかかわらず、「頑張れば頑張っただけ収入が増える」のが、わが社の人事評価制度の特徴です。

降格しても、賞与が下がっても、頑張れば元に戻るし、きちんと数字を上げれば、それだけ高い評価を得るしくみです。

場合によっては、「新入社員のほうが、課長より賞与が多くなる」こともあります。

 

しっかりやってもやらなくても成績や結果で差がつかないのは、「不公平」です。

頑張っても、頑張らなくても評価が同じだとしたら、頑張らない社員がまともです。

(写真:現在の成績から半期の評価を予測し、見えるようにして社員のモチベーションアップに繋げる仕組み)

成功する会社の「仕組み」を学びたい方へ「小山昇式教育ツール」
資料・小冊子を請求する
登録する

■アドレス変更をご希望の方へ■
こちらからログインし、「会員詳細情報」より変更してください。

ページトップに戻る

会員向けコンテンツはこちら

ページトップに戻る