• 経営サポートTOP
  • 武蔵野の強み
  • 武蔵野について
  • サービス紹介
  • メディア
総合お問い合わせ
総合お問い合わせ
資料・小冊子を請求する
  • 現地見学会の詳細を見る
  • KMC会員申込み

経営改善コラム 経営改善コラム

2017.09.01

はい=“分かりました”という意味ではない。

IMG_1673

物事の受け取り方とは、体験のレベルによって違います。

例えば、小学校一年生の受け取り方、中学生、高校生、社会人、そして、課長では、それぞれ受け取り方が違います。

 

こちらが同じことを言っても、聞く人の立場によって、伝わり方が違うのです。

ところが、伝える方は相手のレベルも自分と同じだと思ってしまう。

大きな間違いです。

 

本当に伝わったかどうかは、相手に聞いてみなければわかりません。

自分が伝えたいことが、相手にどのように伝わったかということを、相手に文章や言葉などで表してもらわなければ、どこまで伝わったかはわからない。

必ずチェックをすることが大切なのです。

 

上司は、部下に指示をしたら、「もう一回言ってみて」と、その内容を言わせること。

言わせてみれば、指示したことが通じたかどうかがわかります。

 

それをやらないで、ただ「わかったか?」と聞くと、部下は「はいっ!」と良い返事をして、そのまま出かけ、結果やらないのです。

 

正しく理解しているかどうかは、聞いてみなければわかりません。

部下が指示を聞きながらメモをとっていたなら、そのメモを読ませるのです。

上司の思惑と、部下が思っていることとは、違うのです。

 

ですから、上司は必ず復唱させることが大切です。

成功する会社の「仕組み」を学びたい方へ「小山昇式教育ツール」
資料・小冊子を請求する
登録する

■アドレス変更をご希望の方へ■
こちらからログインし、「会員詳細情報」より変更してください。

ページトップに戻る

会員向けコンテンツはこちら

ページトップに戻る